スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりいそぎ「緊急災害時動物救援本部」について

徳島県動物愛護センターにおいておこなわれた
セミナー2011「災害時におけるペット動物の救護活動について」

参加しての私なりの理解です。

中には間違っていることもあるかもしれないし
勘違いしていることもあるかもしれません。

読んでみたいかたは申し訳ありませんが
続きを読む をクリックして下さい。

なんせあまりにも膨大な情報量でしたので
短くまとめたつもりですが・・・結構な長文です。



「緊急災害時動物救援本部」がつくられることのきっかけにもなった
「兵庫県南部地震動物救援本部」について

今回の災害以前に未曾有の災害となった阪神大震災時
「人間はもとより動物たちにも救援の手を」ということで
被災地もよりの動物愛護団体の人々
および、自身も被災しながら「動物たちのために」とたちあがった獣医師の方々により
動物を救援する活動がはじまる。

これは動物はもとより
狭く不自由な避難所での生活を余儀なくされる
避難民への負担軽減もねらったものでもあります。

災害を受け、手一杯ながら行政も動物救済のために立ち上がる。

ただし行政については実際被災して避難している避難民の心情を配慮して
前面にたっての活動(県費をつかっての活動)は難しいため
あくまでもボランティアの活動(県費をつかわない活動)を
バックアップするという名目でしか行動できなかった。


行政・獣医師会・動物愛護団体の連携を計っての救援活動のため
急遽「兵庫県南部自身動物救援本部」を立ち上げることとなる。

この3者の合議制をもって救援本部を運営。


なにもないところから有志獣医師等により、仮設のシェルターを建設。
(動物愛護に理解ある地主さんの許可をえてビニールハウスを建てたそうです)

被災動物を仮設のシェルターへ収容。

行政側も普段の行政活動を停止。
すなわち、保護・捕獲・引き取りした動物達をいわゆる保健所送りにはせず
とりあえず仮設シェルターへ託す形で殺処分を免れるように処遇。
(保健所に送られた場合、法律により譲渡動物以外は殺処分になるそうです)

協力獣医師により動物たちへの診察・診療・投薬等。
ボランティアにより飼育・健康管理・動物たちの状態把握・施設管理等。
役割分担しての被災動物たちの救済活動が続く。

被災地より、人間はもとより動物たちも救援され
そうした事例がニュース等で流されたこともあり
「動物たちのためにつかってください」との声が挙がり
寄付のための口座を開き義援金が届くようになる。

そうした義援金を得て
仮設のビニールハウスシェルターを本格的なパドックつきプレハブの避難施設へ。

「兵庫県南部地震動物救援本部」が本格的に動物救援のための活動を行う。

その後、終息までの約1年半の間
行政・獣医師会・動物愛護団体、そして一般からのボランティア等の協力を得つつ
「被災動物は1匹たりとも死なせない」を信条に活動して
被災動物をあるいは元の飼い主の元へ、または新しい家族へと引き渡してきたそうです。

【手元にある資料】

動物救護活動の概要
●活動期間
 1995年(平成7年)1月21日~1996年(平成8年)5月29日
●活動内容
 ・被災地等へのエサの配布
 ・被災動物の収容、保管、治療、譲渡(救護動物数1556頭)
 ・相談受付
●義援金
 約 2億6679万円
 活動後残金 約8400万円(緊急災害時動物救援本部へ引継)


終息に関して
「義援金が残っているならそれで最後まで動物達を飼育すればいい」等も言われたそうですが
狭い場所に閉じこめられたまま、たくさんの動物を数人が世話するような状態で飼育されるのは
動物たちにとっても幸せな状態では無いこと。
終わりが見えない活動では、実際にずっと動物救援のために働いているボランティアさん自身の
生活がたちゆかない等の事もあって、被災動物の数がほぼ0に近づいたところで終息宣言となったそうです。
 


以下余談

・獣医師についても、すべての獣医師が協力的だったわけではないこと。
 (これ地震については獣医師も営利で営業する企業のため限界があったと思われます)
・獣医師の中には、自身被災もあり動物救援活動のために月収1万円を切ることもあったとのこと。
(奥さんから「離婚する!」と脅されたそうです・・・)

・行政側にも当然「人間を差し置いて動物を救援するなんて」との声があったこと。
・そうしたなかでも、国との調整、関係機関(警察署等)との調整、愛護団体同士の関係調整等
 出来ることをやっていてくれたそうです。

実際に前面に立って活動していた動物愛護団体については
・支援物資が現地調達までに行方不明になった。
・動物愛護団体を名乗るグループにより「動物を殺している」と誹謗中傷された。
・そうした誹謗中傷をきいたマスコミより取材攻勢を受けて実際の動物の世話に支障がおこった。
・現地に到着していた支援物資の盗難。
・不慣れな人間によるボランティア参加により、場合によってはあわやの咬傷事故がおこりそうになった。

等々・・・・

それこそ大変な事がたくさんおこっていたようです。


実際にお話をきいた方々はとても穏やかで落ち着いていらして
とてもそんな風にはみられなかったんですが
「当時は怒鳴りあいながら会議をした」そうです。

それぞれの立場の方にそれぞれの理由や価値観がありますが
どうにかそれを話し合いですりあわせつつ
「動物たちを助けるため」と活動されたそうです。


こうした阪神大震災時の動物救援活動については
「兵庫県南部地震動物救援本部」が母体となり終息後立ち上げた
「メモリアル協議会」がすべての資料を保管しデータを整理して1冊の本にして
以降の災害時への資料としているようです。
その「メモリアル協議会」も、平成22年に解散しております。

またこの時参加していた動物団体の方々は
お弁当代すらもらわずすべて手弁当で動物救援のための活動に参加し続け
いただいた貴重な義援金を、またおこるかもしれない”次の災害のため”に
なるべく減らすことなくプールしていてくださいました。

その時の資金、資材が後に災害時にのみ立ち上がる事になる
「緊急災害時動物救援本部」の資金、資材となることになったそうです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

支援お願いします
NPO法人 HEART
震災支援関係
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
ペットブログランキング ワン!ニャン! スリー!

どうぶつ救援本部

Save The Pets

ラジオバトン・プロジェクト

日本動物園水族館協会
書いている人

かず

かず
いちごもものハハです。

わんこ

かず

いちご
2005.11.15生まれ
チワワ×ダックスの女の子

もも
2006.11.20生まれ
チワワ×ダックスの女の子

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
わんこリンク
お友達リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。